【お客様の声】手が握れず、手術が必要と言われていたのが一瞬で動くように!

テニス肘?    (写真はイメージ)

施術受けた50代女性の方より 感謝の言葉を頂きました。

突然、手が握れず、ペンを持つのも痛い、包丁が握れない状態になり、

家事にも仕事にも支障が出てしまうようになりました。

特に運動もしていないですし、日常生活で思い当たる原因もなく、

整形外科に行ったところ、

「テニス肘なので、手術した方がいい」と言われました。

とにかく痛いし、急に何でこんなひどいことになってしまったのか?と

戸惑いあきらめていた時に

たまたま先生にみて頂きました。

すると、ものの数分で手が握れるようになるではありませんか!

今までの苦しんでいた時間はなんだったのかという思いと

もっと早くみてもらえば良かったと思いました。

それ以来、症状は再発しておらず、痛みもありません!

しかも、身体全体の流れも良くなったようで、

実はうつになりそうな状態だったのが、晴れやかな気分になって、

体調も回復しました。

身体って流れで変わるんですね。

本当にありがとうございました!

~ここまで~

お役に立てて良かったです。

手術を勧められて切られていたらと思うと身体を不必要に傷つけることになって

今度はその手術による傷等で別の不調を抱えていたかもしれません。

自然治癒で治るものやそもそもの原因が違うこともあります。

原因不明の不調や手術に疑問があれば、ご相談ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする