【お客様の声】3週間も仰向けで寝ることができなかったのに!

寝違え 首の痛み

〜先日のクライアント様(50代女性)の事例〜

始まりは親御さんの介護生活でソファで寝てしまい、

寝違えたことから

首が全然曲がらなり、
最初はご飯もろくに食べられない程だったそうです。

寝違えレベルでも、こうなってしまうとかなり大変な状況です。

「整形外科や整骨院行って

コルセット固定して、

痛み止め打ったりしても(そもそもその対処は…?)
この3週間まともに上向いて寝られなくて…」と、来られました。

本人が仰向けはできないと怖がってるので、
うつ伏せに寝てもらって施術、
あっさり仰向けできました。
ご本人が一番びっくりして喜んでいました。

「まともに動けるようになってから来たので、

3週間も経ってしまったけどもっと早く来れば良かったわね」、と

おっしゃってお帰りになりました。

ちなみに、痛みが発生して24時間は患部を冷やす

つまりそれ以上の炎症を抑える必要がありますが

それを超えたら、温める、痛みがない範囲で動かすことが

正しいケア方法です。

この原則を覚えておいて、何かの際に役立てて下さい。

どうにもならないようなら、その時は専門の治療家を頼ってください。

様々対応可能なんです。

心配なことあったら、相談して下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする