電磁波で癌になるは本当?【NewsWeek掲載】

電磁波は見えないけれど…エネルギーダメージを避ける術はない!

本日はアンチ・ポリューションについて

皆さんはアンチ・ポリューションって言葉お聞きになったことありますか?

Antiは対抗、pollutionは汚染です。

環境ストレスから身体を守る製品、化粧品では昨年からクラランス、シャネル、ランコムさんといった大手化粧品会社からも発売され始めています。

肌の老化原因の80%は

・たばこ(副流煙)

・大気汚染物質

・PM2.5

・紫外線

etc.

と言われています。

20~30年前から増えてきている生活環境の変化により

電化製品の他、スマートフォン、PCなどから出ている電磁波から避けられない環境にあり、

様々な化学物質を始めとした汚染の深刻化、食品添加物など

自分で対策を取れるものもありますが、目に見えないもの、電磁波など、ほとんど皆さん気にしていないのではないでしょうか?

NewsWeek日本版にこんな記事があります。

<WHOは「発癌性が疑われる」と警告し、細胞への影響を示す研究も……携帯電話の発する電磁波の危険性とは>2018年10月30日

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/10/post-11205.php

人間も細胞の最小単位、素粒子レベルで情報や臓器一つ一つに固有の波動があります。

そこに対して目に見えない有害振動インフォメーションが影響し、機能低下、低エネルギーレベルを起こす可能性は十分あり得ます。

細胞の一つ一つが低エネルギーの状態であれば、その人にとって弱い臓器など、負担のかかった部分に不調が出てもおかしくありません。

アメリカでは、カリフォルニア州の乳腺専門外科医Dr.John Westが特に若い女性に警告しているのですが、女性にとって胸だったり、子宮だったり、男性にとって生殖器といった大事な臓器のそばのポケットとかに携帯を入れておかない、身体から少しでも離しておくことは、将来お子さんが欲しい方、妊活中の方は特に気にした方が良いかもしれません。

ちなみに、携帯は便利だけれど、特に充電したまま耳に当てて通話したら、かなりの電磁波を頭に受けることになってしまうので、ハンズフリーのが少しでもいいかも…

できることから、気をつけたいですね。

そこで、私の施術では正常な身体エネルギー波動を複製した技術で作った水を取り入れております。その他、普段の生活にすぐ取り入れられる日焼け止めやボディクリーム、食品に加えられるもの、パラベンフリーで妊娠を望む方、赤ちゃんにもお使い頂ける安心な製品も扱っています。

日常で低下している身体のエネルギーを元に戻す

大量の電磁波のケアにおすすめです。

この電磁波やエネルギー関連の実証実験データについてメーカーに聞いてきたのですが

興味深いものが沢山あって、まだまだ話したりないので、

何度かに分けてまた書きます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする